主要メンバー

代表取締役・櫻井裕一

代表取締役CEO
櫻井 裕一[Yuichi Sakurai]

専門分野:リスクコントロール(危機管理)/反社会的勢力・組織犯罪対応/要人警護

1957年生まれ。元警視庁警視。1977年に警視庁入庁後、各階級において一貫して組織犯罪対策に従事。反社会的勢力集団、外国人犯罪集団、違法薬物犯罪集団等、組織的に行われる数々の凶悪事件、詐欺事件、薬物事件、企業恐喝事件等の現場に対峙し解決への対応指揮を行う。日本屈指の繁華街を管轄する新宿署、渋谷署で組織犯罪対策課の課長も経験。2018年、警視庁警視にて組織犯罪対策部第四課で退官。2020年に同じ志を持つ仲間とSTeam Research & Consulting(エスチーム・リサーチ・アンド・コンサルティング)株式会社を設立、現職。2021年11月に小学館新書から『マル暴 警視庁暴力団担当刑事』を刊行。講談社「現代ビジネス」での連載ほか、メディアへの出演、講演多数。

 

警視庁時代の主な実績

  • 2012年、警視庁・警察庁の取調技能指導官に認定

  • 2015年、警察功労賞受賞(全国優秀)

  • 各事件等に対する警視総監賞等多数受賞

  • 退官時には在職中の功績により警視総監特別賞(短刀)授与

COO 高野聖玄

執行役員COO
高野 聖玄[Seigen Takano]

専門分野:サイバーセキュリティ/リスクコントロール(危機管理)/メディアコミュニケーション

1980年生まれ。クリエイター、エンジニア、経済誌の編集記者等のキャリアを経て、2012年にサイバーセキュリティ企業スプラウトを創業。企業や官公庁に向け、サイバーセキュリティ対策やサイバー事故対応支援を提供すると同時に、早くからリサーチャーとしてサイバー闇市場の動向を調査し、ダークウェブの実態について数多くの発表を行った。2016年から2021年まで同社の代表取締役を務め退任。2021年より脅威分析研究所代表(現任)。2022年より現職。チームでは主にサイバーセキュリティおよびメディアコミュニケーション、経済安全保障に関するリサーチとコンサルティングを担当。

著書にフェイクウェブ』(2019年、文藝春秋)闇ウェブ(ダークウェブ)』(共著、2016年、文藝春秋)2021年 パワーポリティクスの時代 日本の外交・安全保障をどう動かすか』(共著、2021年、創成社)等がある。新聞・雑誌・学術誌への寄稿ほか、テレビ・ラジオへの出演、講演多数。2019年より笹川平和財団安全保障研究グループ・フェイクニュース研究会委員(現任)。NewsPicksプロピッカー

情報担当・シニアアナリスト
[Senior Analyst]

元警視庁組織犯罪対策部情報担当。警視庁では主に機動隊、暴力犯捜査係などに属し、数多くの暴力事件や企業恐喝事件等の現場を経験。組織犯罪対策部第四課では反社会的勢力に関する情報収集・分析を行う特殊任務にも従事した。退官後、上場企業の危機管理担当を経て現職。現職時代の幅広いネットワークを活かして、チームでは主に情報収集を担当。映画、テレビドラマにおける捜査手法等の技術監修も多数手掛ける。

情報担当・シニアアナリスト[Senior Analyst]

元警視庁公安部。警視庁での在職42年の間、各階級の殆どを警備・公安部門に属し、公安事件の捜査本部、外事事件における数多くの取調べ、裏付け捜査に従事。また、水難救助や各種警備現場への出動も多数経験。退官後、民間警備会社での警備指導員などを経て現職。海や山岳における活動に関連した技術・資格を多数保持。ドローン操縦士資格も有し、国内の法定飛行可能空域における空撮監視支援なども担当。

警護担当・シニアコンサルタント[Senior Consultant]

元愛知県警警視。愛知県警で巡査拝命後、主に集団警備力を要する大規模警備の計画、運営及び現場指揮等に従事し、数多くの要人警護を経験。従事した主な大規模警備に1998年の長野オリンピック、2000年の第26回・主要国首脳会議、2002年のFIFAワールドカップ、2005の年の日本国際博覧会、2016年の第42回・先進国首脳会議などがある。2017年に愛知県警察本部地域部で退官。民間企業の渉外担当を経て現職。